トップ  >  行事案内  >  今後の行事予定  >  日本手話学会第43回大会

 日本手話学会 第43回大会

日本手話学会第43回大会を下記の通り開催いたします。
発表を希望される方は下記要項を熟読の上お申し込みください。

 

開催概要

  • 名称:日本手話学会第43回大会
  • 主催:日本手話学会/江戸川ろう者協会
  • 日時:2017年12月2日(土)・3日(日)
  • 場所:タワーホール船堀(東京都江戸川区)
    場所:交通アクセス

 

挨拶

今年も恒例の日本手話学会大会を開催する運びになりました。今年は日本手話学術研究会が1978年に開催されて以来、43回目を迎えます。日本手話と日本語に対するいつくしみが発表者一人一人に見られるような大会は、手話学会の運営陣や大会実行委員会だけではなく、大会に参加する人たちの自覚にかかっております。日本手話学会会員の皆さまの積極的な参加及び発表を心よりお待ちしております。

 

基調講演

  • 12月2日(土)14:45〜17:45
    手話(法)教育時代の手話を研究する為に
    岡本 洋 氏(関東聾唖史研究会)
    ※Sahasrabudhe氏は諸般の事情により来日が困難になりましたので、基調講演の講師を変更いたしました。
     
     

発表スケジュール

12月2日(土)

研究発表

10:10 ~ 10:40 ウルビノ稿本『絵画の書』における聾唖態概念編制
00:00 ~ 00:00 末森 明夫(産業技術総合研究所)
00:00 ~ 00:00 予稿筆頭者:高橋 和夫(独立系研究者)

10:45 ~ 11:15 日本におけるろう学校理容科の歴史と変遷
00:00 ~ 00:00 −設置の経緯と開設後の動向ならびに卒業生たちによる実践−
00:00 ~ 00:00 吉岡 佳子(一橋大学)

11:20 ~ 11:50 公立聴覚特別支援学校の手話研修に技能評価が
00:00 ~ 00:00 導入されない理由の分析
00:00 ~ 00:00 坂井 肇(筑波技術大学大学院)

研究発表

13:00 ~ 13:30 「手話言語」の有意な音韻・情緒・文法的な媒体特性分析試論
00:00 ~ 00:00 吉澤 昌三(元栃木県立聾学校)

13:35 ~ 14:05 手話言語を視覚言語モデルでみる
00:00 ~ 00:00 日本手話と日本語対応手話(手指日本語)の再定義を提案する
00:00 ~ 00:00 川口 聖(関西学院大学)

14:10 ~ 14:40 日本手話研究の課題
00:00 ~ 00:00 −言語接触の問題を中心に(日本手話と書記日本語)−
00:00 ~ 00:00 砂田 武志(日本国際手話通訳・ガイド協会)

基調講演

14:45 ~ 17:45 手話(法)教育時代の手話を研究する為に
00:00 ~ 00:00 岡本 洋(関東聾唖史研究会)

 

12月3日(日)

研究発表

09:00 ~ 09:30 日本手話の文末についての一考察
00:00 ~ 00:00 自然な手話の発話を分析するための予備的研究
00:00 ~ 00:00 遠藤 栄太(香港中文大学大学院)

09:35 ~ 10:05 文末の「いう」が表す習慣性について
00:00 ~ 00:00 黒田 栄光(NPO 日本手話教師センター)
00:00 ~ 00:00 高嶋 由布子(東京学芸大学/日本学術振興会)
00:00 ~ 00:00 原 千夏(NPO 日本手話教師センター)

研究発表

10:10 ~ 10:40 日本手話単語/あく・あける/の意味地図
00:00 ~ 00:00 村越 啓子(NPO 日本手話教師センター)

10:45 ~ 11:15 日本手話複合語 [聾損] の合成構造の
00:00 ~ 00:00 拡張記号図式に基づく記号論的分析
00:00 ~ 00:00 末森 明夫(産業技術総合研究所)

11:20 ~ 11:50 「私」の存在と手話言語
00:00 ~ 00:00 心と身体との一体性を求めて
00:00 ~ 00:00 高山 守(東京大学)

研究発表

13:00 ~ 13:30 日本手話言語の修辞的表現
00:00 ~ 00:00 日本語の修辞的表現と比較して感情を表す日本手話単語を分析する
00:00 ~ 00:00 川口 聖(関西学院大学)

13:35 ~ 14:05 ミャンマー手話のNMs
00:00 ~ 00:00 ミャンマー手話/食べる/のNMsを分析して
00:00 ~ 00:00 中山 慎一郎(日本手話研究所)

14:10 ~ 14:40 手話習得過程における補完的学習法の検討
00:00 ~ 00:00 手話学習者の手話プロソディの特徴
00:00 ~ 00:00 繁益 陽介(筑波技術大学大学院)

 

発表申込・予稿提出

  • 発表詳細
    • 表題:手話学に関する研究
    • 発表時間:手演・口頭発表15分、質疑応答15分、計30分
    • 発表数により、手演発表発表時間ないし質疑応答時間を変更するときもあります。
  • 予稿提出方法
    • 発表申込の電子メールの件名は「日本手話学会第43回大会発表申込」にしてください。
    • 次の事項を電子メールの本文に記入してください。
      • (1) 発表者氏名
      • (2) 発表のとき用いる言語
        「日本手話/日本語対応手話」または「音声日本語」
      • (3) 参加できる模擬発表会の日時
        「11月19日(日)」または「11月26日(日)」
      • [注意点]
        • 発表者が発表申込者と異なるときは、発表者氏名と発表申込者氏名を併記してください。
    • 予稿を電子メールに添付してください。
      予稿はwordファイルとpdfファイルの2種類を添付してください。
    • 予稿を添付した電子メールを手話学会事務局(jaslinfo@jasl.jp)に送信してください。
  • 予稿フォーマット
  • 発表者・予稿筆頭者
    • 発表者、予稿筆頭者は日本手話学会2017年度会費と第43回大会参加費の両方を納入した方に限ります。
    • 2017年度会費未納の方は10月9日(月)までに納入してください。
    • 第43回大会参加費は10月9日(月)までに納入してください。
    • 予稿筆頭者ではない予稿連名者は2017年度会費を納入する必要はありません。
    • 発表者、予稿筆頭者あるいは発表申込者が異なるときは、予稿にその旨を明記してください。
    • 発表者は1人2題までとします。
    • 予稿筆頭者は1人2題までとします。
  • 予稿提出〆切
    • 予稿提出〆切日:2017年10月9日(月)昼12:00 必着
    • 予稿提出をもって発表申込に替えます。予稿が添付されていない発表申込は受理できません。
    • 手話学会事務局より予稿を受理した旨の連絡を行います。
      連絡がないときは手話学会事務局にお問い合わせください。
    • 投稿フォーマットの仕様に沿っていない予稿は修正をお願いするときもあります。
    • 予稿を受理した後、予稿の内容および発表申込数を検討のうえ予稿の採択をおこないます。採択された方には手話学会事務局より連絡します。
  • 発表資料提出
    • 手演・口頭発表をすることになった方は発表資料(パワーポイント等)を電子メールに添付し、手話学会事務局(jaslinfo@jasl.jp)に送信してください。
    • 発表資料提出〆切:2017年11月6日(月)24:00 必着
    • 〆切までに発表資料を提出しなかった方については、発表を取り消すこともあります。
  • 通訳
    • 発表者には通訳を用意します。
      (日本手話音声日本語、書記日本語音声日本語)
    • 発表者が通訳者の同行を希望されるときは、予稿を提出するとき、その旨をお知らせください。但し、通訳者の参加費は免除しますが、通訳者の交通費、宿泊費、通訳者謝礼金は発表者の負担とします。
    • 11月19日(日)および11月26日(日)模擬発表会を行います。参加者には交通費(往復・実費)を用意します。
  • その他の注意事項
    • 大会実行委員会はプロジェクター及び付属機器のみを用意します。
    • 発表者は自分のノートパソコンなどを用意してください。
      但し、ノートパソコンを自分で用意することが難しいときは、手話学会事務局にお問い合わせください。
    • 発表当日の補足資料の配布は原則として認めません。
    • 懇親会は12月2日(土)の夕方、タワーホール船堀の近くの居酒屋にておこないます。懇親会参加費は懇親会の会場にてお支払いいただきます。詳細につきましては、12月2日(土)当日、受付にてお伝えいたします。
    • その他不明な点については、手話学会事務局にお問い合わせください。

 

参加申込

  • 大会参加費振込〆切
    • 大会参加費振込〆切:2017年11月6日(月)
  • 参加費
    • 会員(事前申込) 2,000円
      日本手話学会会員の場合、一般会員、学生会員の区別はありません)

      会員(当日参加) 4,000円
      日本手話学会会員の場合、一般会員、学生会員の区別はありません)
      非会員(事前申込)7,000円
      非会員(当日参加)9,000円
      ※日本手話学会会員ではない江戸川ろう者協会会員は江戸川ろう者協会にお問い合わせください。
  • 大会参加申込方法
  • (手続き1)
    • 最初に大会参加費を口座にお振り込みください。
      (振込手数料は各自ご負担のほどお願いします。)

      (銀行振込の場合)
      銀行名 :ゆうちょ銀行
      支店名 :四四八(ヨンヨンハチ)店
      店番  :448
      預金種目:普通
      口座番号:3035054
      口座名義:日本手話学会

       (郵便振替の場合)
      口座番号:00980-7-145272
      口座名義:日本手話学会
  • (手続き2)
    • 参加費を口座に振り込んだ後、電子メールを手話学会事務局(jaslinfo@jasl.jp)に送信してください。
    •  電子メールの件名は「日本手話学会第43回大会参加申込」としてください。

      (例)
      ---------------------------------------------------------
      申込日:2017年11月6日(月)
      参加申込者:手話 花子(しゅわ はなこ)
      所属(任意):
      種別:会員 / 非会員
      参加費等振込日:
      振込元口座名義:
      振込金額:
      ---------------------------------------------------------
       
    • 11月6日(月)までに参加費等を振り込んだときは、電子メールの送信は11月7日(火)以降でも構いません。
    • 一旦ご入金頂きました参加費については、キャンセルあるいは申込内容を変更しても返金しません。
  • 予稿集
    • 事前申込の方には予稿集の電子版(PDF版)を配布します(期間限定)。配布方法については後日手話学会事務局より連絡します。大会当日は自分で印刷したものをご持参ください。
    • 事前申込の方で予稿集の電子版の入手ないし印刷が困難な場合は、手話学会事務局にお問い合わせください。
    • 当日参加の方には印刷した予稿集をお渡しします。尚、予稿集の電子版の配布はしません。

  

その他 

  • 託児サービスはありません。 
  • お弁当の販売はありません。会場の周辺には飲食店やコンビニがたくさんありますので、各自ご利用のほどお願いします。

 

問い合わせ先 

 

実行委員会

  • 委員長:末森
  • 委員(総務):中山
  • 委員(総務補佐):橋本
  • 委員(会計):井上
  • 委員(手話通訳C):山本
  • 委員(PC通訳C):兼子

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
日本手話学会第42回大会
カテゴリートップ
今後の行事予定