トップ  >  行事案内  >  過去の大会  >  日本手話学会第37回大会

日本手話学会第37回大会

2011年度、第37回大会は、兵庫県の関西学院大学で、多くの皆様にご参加頂いて盛会のうちに終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

開催概要

  • 主催:  日本手話学会
  • 委員長: 前川和美
  • 日時:  2011年10月15日(土)〜16日(日)
  • 会場:  関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス

大会プログラム

10月15日(土)

  • 10:00〜11:00 開会式
  • 11:00〜12:00 基調講演
    • 山本雅代 「モノリンガルの視点・バイリンガルの視点」
  • 13:00〜13:30 研究発表
    • 植田麻美 「サイン・バイリンガリズムの可能性について」
    • 小谷眞男 「イタリアのバイリンガリズム ーコッサート小学校の調査からー」
    • 鳥越隆士・前川和美 「難聴児の手話学習 ー小学校難聴学級における日本手話指導の取り組みー」
  • 15:30〜16:40 研究発表 
    • 平英司 「バイモーダル児のモダリティー使用に関するケーススタディー」
    • 菊地浩平・坊農真弓・砂田武志 「手話会話分析のための文字化資料作成手法の提案」

10月16日(日)

  •  9:20〜10:30 研究発表 
    • 神田和幸 「日本語対応手話擁護論 ー自然言語としての日本語対応手話ー」
    • 原大介・黒坂美智代 「いわゆる「中間型手話」の中間性の検証 〜語表出の特徴について〜」
  • 10:40〜11:50 研究発表
    • 末森明夫 「同源語二進系列および最尤法による手話言語系統樹の作成」
    • 森壮也・宮本律子・Nickson Kakiri 「ケニア手話 (KSL) 文の基本構造」
  • 12:00〜12:30 研究発表V
    • 村野光則 「高校の手話教育におけるナチュラル・アプローチの導入とその改善」
  • 13:30〜13:50 閉会式
プリンタ用画面
友達に伝える
前
過去の大会
カテゴリートップ
過去の大会
次
日本手話学会第38回大会