トップ  >  行事案内  >  過去の大会  >  日本手話学会第33回大会

日本手話学会第33回大会

日本手話学会第34回大会は2007年9月15日〜16日に日本社会事業大学で開催致しました。多数のご参加を頂きありがとうございました。

大会概要

  • 主催:日本手話学会第33回大会実行委員会
  • 委員長:斉藤くるみ(日本社会事業大学)
  • 大会事務局長:武居渡(金沢大学)
  • 期日:2007年9月15日(土),16日(日)
  • 会場:日本社会事業大学(東京都清瀬市)

大会プログラム 

9月15日(土)

  • 12:00 受付開始
  • 13:00〜13:10 開会式
    • 日本手話学会会長挨拶
    • 日本手話学会第33回大会実行委員長挨拶
  • 13:10〜15:10 基調講演
    • 対話の言葉としての手話と音声
      • 市川熹(千葉大学)
  • 15:30〜17:00 総会

9月16日(日)

  • 9:30〜10:45 <研究発表1:手話言語学>
    • 音韻配列論再考−日本手話タイプIIIについて−
      • 原大介(愛知医科大学)・木村勉(豊田高専)・神田和幸(中京大学)
    • JSLの移動表現について
      • 今里典子(神戸市立工業高等専門学校)
    • 日本手話におけるNMSの機能
      • 神田和幸(中京大学)・原大介(愛知医科大学)・木村勉(豊田高専)
  • 10:55〜12:10 <研究発表2:比較言語学>
    • 台湾手話および韓国手話の語彙比較研究
      • 佐々木大介(北星学園大学)
    • 韓国手話に見られるいくつかの副詞的非手指動作について
      • 岩井智彦(東京大学)
    • マダガスカル手話の語順
      • 箕浦信勝(東京外国語大学)
  • 13:10〜14:25 <研究発表3:比較言語学・語用論・パラ言語>
    • 手話三者会話における話者交代についての準備的考察
      • 坊農真弓(日本学術振興会/京都大学)・山中照章
    • コーダの感じる日本語の苦手意識、手話の苦手意識
      • 澁谷智子(日本学術振興会)
    • 手話談話における空間と視点−手話研究とジェスチャー研究の接点−
      • 坊農真弓(日本学術振興会/京都大学)・高梨克也(京都大学)
  • 14:35〜15:50 <研究発表4:手話工学>
    • 日本手話におけるポーズ直前のうなずきの分析
      • 堀内靖雄・亀崎紘子・西田昌史・市川熹(千葉大学)
    • 日本語手話辞典の自然言語処理による分析
      • 黒田知宏(大阪大学)・岡本和也(京都大学)・竹村匡正(京都大学)・黒田嘉宏(大阪大学)・大城理(大阪大学)
    • 「日本手話・日本語電子辞書」の試作と評価−音素等のグループ化によるあいまい検索方法の提案−
      • 木村勉(豊田高専)・原大介(愛知医科大学)・神田和幸(中京大学)
プリンタ用画面
友達に伝える
前
日本手話学会第34回大会
カテゴリートップ
過去の大会
次
日本手話学会第32回大会