トップ  >  行事案内  >  過去の大会  >  日本手話学会第35回大会

日本手話学会第35回大会 

日本手話学会第35回大会は2009年10月31日〜11月1日に東京大学駒場キャンパスで開催致しました。多数のご参加を頂きありがとうございました。

開催概要

  • 主催: 日本手話学会
  • 協賛: ・一般社団法人 日本人間工学会 ・言語科学会 ・財団法人 全日本ろうあ連盟 ・社会言語科学会 ・社団法人 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ 福祉情報工学研究専門委員会 ・社団法人 日本生体医工学会  ・聴覚障害児と共に歩む会 トライアングル ・超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)  ・特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会 ・特定非営利活動法人 ヒューマンインターフェース学会 ・日本英語学会 ・日本生活支援工学会 ・日本VR医学会 ・日本リハビリテーション工学協会 ・福祉社会学会
  • このイベント(活動)は、独立行政法人科学技術振興機構の平成21年度地域の科学舎推進事業地域活動支援により実施しています。また、戦略的創造研究推進事業さきがけ「インタラクション理解に基づく調和的情報保障環境の構築」の研究を支援しています。
  • 委員長: 澁谷智子
  • 期日: 2009年10月31日(土)〜11月1日(日)
  • 会場: 東京大学駒場キャンパス

大会プログラム

10月31日(土)

  • 10:15〜 大会挨拶「わかり合える学会のために」、諸注意など
  • 10:30〜11:45 基調講演 「境界線とコラボレーション」米内山明宏氏(手話文化村代表)
  • 11:45〜12:00 「次世代の映像通信技術」黒田知宏(京都大学)
  • 12:00〜12:30 「必要なときに、必要な場所で、必要な支援を!―遠隔情報保障システムの開発」内藤一郎(筑波技術大学)
  • 13:30〜15:00 シンポジウム「手話研究のあり方を考える」
    • パネリスト:田中紗織氏、桜井強氏、小薗江聡氏
    • 司会:亀井伸孝氏
    • 議事録はこちら
  • 15:15〜16:15 研究発表1
    • 羽田野真帆「統合教育現場における「手話」の実態――難聴学級設置校におけるフィールドワークをもとに」
    • 赤堀仁美「バイリンガル・バイカルチュラル教科書『ハルミブック』の作成と実践」      
  • 16:25〜17:55 研究発表2
    • 神田和幸「日本手話動詞の項構造」
    • 櫻井敏彦「手話に対する手話話者・ろう者の見解」   
    • 森壮也「日本手話の語彙の強調変化と弁別素性理論の適用」

11月1日(日)

  •  10:00〜11:00 研究発表3
    • 澁谷智子「学術的な内容を手話通訳することについて――手話通訳者の視点から」
    • 平英司「日本手話−日本語バイリンガル家庭における聴児の言語使用〜発話内コードスイッチングを中心に〜」
  • 11:10〜12:10 研究発表4
    • 齊藤涼子・堀内靖雄・黒岩眞吾「話者交替規則に基づく日本手話対話のオーバーラップ現象の分析」
    • 前川和美・松尾美幸・平英司「言語科目としての日本手話の授業の現状と課題」
  • 14:00〜14:30 研究発表5
    • 小谷克則「日本手話における等位構造」
  • 14:40〜16:10 研究発表6
    • 市田泰弘・小薗江聡「日本手話におけるmirativeとしての「発見」のNMS」
    • 中山慎一郎「国際手話の研究 〜語形変化の比較〜」
    • 小薗江聡・市田泰弘「日本手話における時間的近接性を表す構文の意味拡張」
  • 16:20〜16:50 閉会
プリンタ用画面
友達に伝える
前
日本手話学会第36回大会
カテゴリートップ
過去の大会
次
日本手話学会第34回大会